言葉、音声、画像、動画等を駆使し、個人に光を当て、個を大切にした記録活動。表現行為を通して、時空をまたぎ、人とつながり、人と人とをつなげていくことを探求しています。

自由主義体制と権威主義体制の狭間にあるウクライナ。2022年2月24日、プーチン露大統領がウクライナに軍事進攻、いや侵略に踏み切った。

NoWar!

 戦火の下に無辜(むこ)の人がいる。

露軍のキエフ【キーウ】への攻撃が始まった直後、キエフ【キーウ】在住の友人オルガさん(*)から爆撃の様子を撮った動画や市民が避難する地下鉄構内、地下駐車場の写真等がSNSを通じて送られてきた。そのときのやりとりもあわせて転記する。

「隣る人」工房 稲塚由美子

☆  ☆  ☆  ☆

以下、(オ)はオルガさん。(稲)は稲塚由美子。

▼25日13:15(現地時間6:15)

(オ):「キエフは危ない」「本当に怖い」

(稲):日本のTVではキエフから32㎞の所までロシア軍が来ていると報道されている。避難はしない?

(オ):「外に出かけない」「怖い」「泣いています」「死にたくない」

▼14:44(現地時間7:44)

(オ):「ロケット怖い、ミサイル、爆弾も」「みんな泣いている」「地下はまだ安全」

(稲): 心配している…このことをSNSで公表していい? ここに「人」がいることを世界中の人に    知らせたい。そこは地下駐車場? 

(オ):「うん、人が多い」「プーチンは殺し屋」

▼15:36(現地時間8:36)

(オ):「ロシアの飛行機が多い」「みんな泣いている」「子どもも多い」

(稲):どれだけ不安か…キエフが危なくてもどこに逃げたらいいか…。

キエフの地下鉄構内をシェルターとして。寒い。

▼16:36(現地時間9:36)

(オ):「どこでも危ない」

▼26日7: 04(現地時間00:04)

(オ):「今は一番危ない時」「爆弾が多い」「耳痛くなるほど」「(スマホの)電気はもうなくなった」

▼11:09(現地時間4:09)

(オ):「ロシア軍隊キエフに着いた。1000人ぐらい」

 この後、メッセージは既読にならない…今も(3月1日現在)。

☆  ☆  ☆  ☆ 

*2018年、オルガさんの通訳兼ガイドで第二次世界大戦時、ナチスドイツとソ連の狭間で戦場とされた現場を訪ねた。その取材の記事は以下より。

『バビ・ヤール渓谷』~誰が虐殺の現場を消したのか」(ウクライナ)

欠片(かけら)の最新記事4件